Category → News

「六甲ミーツ・アート大賞」 準グランプリ を受賞しました。

現在開催中の「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2014」に参加しております。
下記の作品が、来場者の投票により決定する「六甲ミーツ・アート大賞」の
準グランプリ を受賞しました。


「胸の土器土器」

「胸の土器土器」は、「自然体感展望台 六甲枝垂れ」の「氷棚」に設置された、これまでの作者による作品の中で最も大きな立体造形作品です。先ず目を引くのは、「ドキドキ」「憧れ」「もんもん」といった言葉が飛び出してくるかのような造形。これらの言葉を支える躯体の表面には、縄文のモチーフが施されています。さらに、鑑賞者は躯体の中に入り、サンドバックのような太鼓を叩いて六甲山の稜線に音を響かせます。太鼓のような「音」で意思疎通をしていた太古の時代から、文字や言葉が瞬時に飛び交う現代までのコミュニケーションの進化をテーマとした作品です。


六甲ミーツ・アート 芸術散歩2014
2014年9月13日(土)~11月24日(月・休)

「六甲ミーツ・アート大賞」受賞者決定!
六甲ミーツ・アート 芸術散歩2014について

2013、10月 4人展開催「SECOND」イーマ店舗内

砂漠に浮き輪、お米とウサギ  4人展 

生活雑貨としての要素を兼ね揃えた陶芸作品から、絵画、概念を読み取る作品まで、様々な楽しみ方をアパレルに合わせて、ライフスタイルに提案。
動物をモチーフに、可愛らしさの中にシニカルさを隠し持つ作品を制作する、山本朱。独特のフォルムと着彩で、穏やかな空気感や感情を、陶器やオブジェにする、藤田美智。京都、大阪で知る人ぞ知る2人が、陶器とオブジェを制作。 日本画の技術を基礎に、パール顔料で米を描くなど、日常で見慣れた対象物を、描き方により不思議な世界に表現する。物事の見方次第で違った観え方が生まれる事を描く、山本雄教。 2009年に、彫刻を背負い富士山に登頂するなど。自身の感情を作品に置換えるだけではなく、様々なスタイルで人間の感情を動かしたり、それを記録するなど多様な作品を制作発表する、佐川好弘。

2013年10月11日(金)~10月31日(木)  無休
11:00~21:00  

14日 作家滞在DAY
 
「SECOND」イーマ店舗内大阪市北区梅田1-12-6 イーマ4階 
TEL / 06-6341-1285















個展開催のお知らせ GALLERY wks.

佐川好弘 個展 「orz」

画像はイメージです、
本展では、コンセプチュアルに焼き締めた作品がならびます。

2012年4月9日(月)~4月21日(土)  日曜休廊
12:00~19:00  土曜は17:00まで

GALLERY wks.
〒530-0047 大阪市 北区 西天満3-14-26 中之島ロイヤルハイツ1103 
TEL / 06-6363-2206

中之島4117  作品展示&アーティストトーク ポストギャラリー

展示&アーティストトークのお知らせ

『アートインフォメーション&サポートセンター「中之島4117」』
open:水・木・金曜 11:00~19:00/土・日・祝 11:00~17:00
定休:月・火曜(祝日は翌日休) ※事前に確認をオススメします

中之島4117の入り口に設置されている郵便受けを
小さな展示室として、月替りでアーティストが作品発表を行う
「ポストギャラリー」に参加します。
展示期間中には、初のアーティストトークも開催します。


ポストギャラリー
2012年2月1日(水)〜2012年3月4日(日)

『The answer is blowin’in the mind』

今回、作品に使われるは錠剤。
常に物事の判断は最終的に、自分で決定する。

【関連企画】
佐川好弘 アーティストトーク
2012年2月11日(土)15:45〜
入場:無料
※席の準備のため、ご予約ください。

ポストギャラリー、アーティストトークご予約

中之島 4117
〒530-0005 大阪市北区中之島4-1-17瑛長ビル1階 TEL/FAX:06-6445-8577

上畠アート 2011 出展

2011年8月19日(金)20日(土)21日(日)
10:00〜16:30
場所:富山県南砺市利賀村上畠地区一帯
入場料:大人200円/こども100円(小学生以下)
継続開催と運営のためにご協力をお願いします。
主催:上畠アート2011実行委員会/上畠地区
共催:北日本新聞社 後援:チューリップテレビ / 財団法人利賀ふるさと財団
お問い合わせ先:(中谷)uwabatakeart at yahoo.co.jp(atを@に差し替えてください)
アサヒアートフェスティバルに、上畠アートが参画。
アート展づくりに一般の方の参加を募集。利賀ゼミのサイトまで。
上畠アート公式サイト


初参加した昨年、道路標示シリーズが生まれるきっかけとなった「君らしく」を発表した、標高600mの小さな村でのイベントです。インスタレーション、クラフト、ライブ、ワークショップなどなど盛りだくさんです。